BLOG
  • HOME »
  • BLOG »
  • 年別アーカイブ: 2013年

年別アーカイブ: 2013年

公務員はなぜ認知症になりやすいのか

今回は本のご紹介です。過激なタイトルですが、「公務員はなぜ認知症になりやすいのか ボケやすい脳、ボケにくい脳」です。 弊社の「認知症早期発見スケール」を監修いただいている、医療法人ブレイングループの長谷川嘉哉先生のご著作 …

「呼び寄せ症候群」

「呼び寄せ症候群」というタイトルのブログを拝見致しました。北海道でクリニックを運営されている先生のブログです。   呼び寄せ症候群とは何か。 ーー これは「田舎に住む高齢の方が、様々な事情で息子さんや娘さんの住 …

子供が親の世話をしない社会を目指せ

昨夏の参議院選挙の際に、某政党から依頼を受けて日本を良くするためのアイディアとして、提言を作成致しました。 その提言内容を転載いたします。 具体的なアイディア自体は「他人の親の世話を強制する仕組みづくり」という大変過激な …

運転よりも買い物が怖い 高齢者の交通事故

今日は、高齢者の交通事故について考えみたいと思います。 ニュースなどを見ていると、高齢者の方が高速道路を逆走したとか、思うように免許証の返納が進まないといったものを見ます。 車を運転する高齢者の方がそれまでの習慣を変えて …

ケータイ小説を思い出す: 渡辺淳一「愛ふたたび」を読了しました

渡辺淳一「愛ふたたび」を読了致しました。 出版社の紹介は以下のようになっています。 ーー 人生最高の恋。 妻を亡くした70代の医師。 40代半ばまで伴侶に巡り合えなかった女性弁護士。 性的不能となった男は、いかにして女を …

認知症およびMCIは高齢者の1/3

本日(2013年9月3日)の日経新聞に、以下の記事が出ておりました。 訪問看護などのミレニア、認知症の可能性を電話で検査 (会員でないと読めないかもしれません) 概要、以下のような報道内容です。 1.ミレニア社が新たに認 …

「ボランティアを活用した生活支援」の違和感

本日の日経新聞に、「介護、自己負担引き上げ 「一律1割」見直しへ  社会保障国民会議、報告書に明記へ」というタイトルで、 社会保障国民会議の議論の内容が報道されていました。 記事内容全般は高齢者支援に関しては世代間の格差 …

株式会社こころみの社名の由来

本日は社名の由来についてです。   というほど大仰なものでもなく、要するにダジャレなのですが。 以前のエントリで、「こころみの三位一体」という記事を書かせて頂きました。 こころみは、社会的意義とわくわく感とビジ …

ヤマト運輸で「まごころ宅急便」事業の立ち上げをされている松本様にお話を伺いました

先日、ヤマト運輸で「まごころ宅急便」事業の 立ち上げをされている松本様にお話を伺いました。   まごころ宅急便は、地域の高齢者を対象に、見守りと買い物代行をヤマトの配達員が行うサービスで、 現在全国展開中の新規 …

孤独は慣れる

佐藤眞一先生にお話を伺った際に印象に残った言葉です。   孤独は慣れる。   人にとって、孤独は辛いものです。誰かと話をしたい、自分の気持ちを誰かに知って貰いたいと言う欲求は自然なものです。 ところが …

Page 2 / 3123
  • メールでお問い合わせはこちら

サイト内検索

PAGETOP
Copyright © cocolomi2018 All Rights Reserved.