このホームページは大阪大学大学院人間科学研究科臨床死生学・老年行動学研究室が中心となって開発した、日常会話式認知機能評価(CANDy; Conversational Assessment of Neurocognitive Dysfunction)について紹介しています。

本検査の開発は、日本生命財団の研究助成を受けて行われました。CANDyの精度については、下記の論文で検討されています。
※大庭輝・佐藤眞一・数井裕光・新田慈子・梨谷竜也・神山晃男 (2017). 日常会話式認知機能評価 (Conversational Assessment of Neurocognitive Dysfunction; CANDy) の開発と信頼性・妥当性の検討, 老年精神医学雑誌 28: 379-388.
論文のリンクはこちらから(外部サイト)

Hikaru Oba, Shinichi Sato, Hiroaki Kazui, Yoshiko Nitta, Tatsuya Nashitani, Akio Kamiyama (2018). Conversational assessment of cognitive dysfunction among residents living in long-term care facilities. International Psychogeriatrics, 30, 87-94.
DOI: 10.1017/S1041610217001740.
論文のリンクはこちらから(外部サイト)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.